7月入って

(バラ咲き香りジャスミン)が咲いた。 やっと— 待ち続けた甲斐があった。
2年半前、名前に惹かれたその小さな苗が我家にやって来ました。簡単な説明書を何度も読み返しながら、ふた冬を越し。 半ば諦め掛けての日々でしたが、雨上がりの午後、茎とも枝とも分からない一本だけの幹に数枚の葉があり、その先に白い蕾をつけていた。

そして今朝、みどりがかった白い花が一つ咲いたのです。小さくても、初夏の花々の中に只一輪、気高く強く美しく咲いていたのです。

ジャスミン とあるのでその香りは〜
爽やかと言うより甘くて、数輪もあれば辺りを圧倒してしまうかも知れません。

今は梅雨時。 咲く花達には強い香りを持つ物が多いようです。
クチナシや山々にあるササユリもその一つ。

自然の豊かさを少し味わって今日も爽やか^_^

20140702-160210.jpg

金沢では 7月1日に氷室まんじゅうを食べる風習があります。
旧暦6月1日は朝廷の 氷室節会 でもあり、加賀藩でも将軍家へ献上する氷室の雪を、早飛脚で江戸迄届けた。 それにあやかり、 無病息災を祈って〜 夏負けしない様に 冬の雪にも耐えた麦で「麦まんじゅう」を作り、万の頭に出世する様にと万頭の字を、わざわざ当てたそうです。 ちくわ、あんず、炒り米などと共に先様に届ける、いまも残る江戸時代からの習わしの一つ。

早いもので一年の半分が過ぎました。昨年の今頃はと、ふと、来し方行く末に思いを馳せて、後半を健康第一でスタートしたいものです。

玄関先の花達にも活力を与えて、頑張ってもらいましょう!
「バラ咲き香りジャスミン」に負けないように❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です