螺鈿細工の青い薔薇

薔薇の形に彫刻し漆を塗り重ねたブローチに螺鈿細工をしている作業風景

6月8日(水)今日の仕事

一日中ずーっとこの薔薇モチーフのブローチに螺鈿をしてた。

10時から始めて5時まで

終わらなかった…のこりは明日。

立体に貼る螺鈿はすごく細くて時間がかかる。曲面に沿うよう螺鈿するためには材料のあわび貝を細く砕いたものを使わなくてはいけないから。

細くした微塵のあわび貝を竹串と針をつかって隙間なく埋めていく

正解のないジグソーパズルのよう。。。

時間はかかるけど、ちゃんとできるとメチャメチャ綺麗な螺鈿ブルーになる。

やっぱり螺鈿は青がいいですね。

 

6月9日(木)螺鈿終了(^o^)

漆塗りの技法のひとつである螺鈿細工を施した薔薇の形のブローチ

ちゃんとブローチになるまでにはまだまだ工程があるけれど、取り敢えず螺鈿部分完成!

どこの百貨店催事の広告掲載商品にしようかな。。。考え中。

 

6月10日(金)乾燥硬化中

螺鈿をする(貝を貼る)ための漆は乾きが遅い。最低でも一週間は室の中でゆっくりじっくり乾燥(硬化)漆は他の塗料と違って乾くのではなく、空気中の水分と漆のウルシオールという成分が化学反応をおこして固まる(硬化)のですが、漆で貝を貼るというのは漆と空気の接点が少なくなると言うことで反応が鈍くなるのです。だから時間をかけてって言うか放置です^ – ^

6月15日(水)

薔薇が触れないので他のものを製作中。漆の仕事はちょっとづつ手をかけて仕上げていくので、小さい漆イヤリングや漆ペンダントぐらいだと数点から数十点を同時進行で作っていくことが多い。写真は以前に螺鈿を施してあったイヤリングやペンダントに蒔絵をし終えたところ。

隅っこにある白くて丸い玉は淡水パール。赤漆で模様を描いて金の平目粉をまばらに蒔絵してみた。とっても可愛い。ピアスに仕上げようと思う(^o^)今日手掛けた漆アクセサリーの画像。螺鈿を終えたイヤリングやペンダントに蒔絵を施してあります。

6月16日

螺鈿薔薇ブローチの背面の仕上げ。黒漆を塗って銀粉の平目2号粉を粗く梨子地に蒔きぼかし。

たいてい梨子地にするときは金も銀も『梨子地粉』というのがあってそれを使うのだけど、紅里工房では平目粉を使う。梨子地粉は平目粉よりも薄くてリーズナブルなんだけど…なんだか頼りなくて(蒔いてるときの感じが)好きじゃないのです。。。

これで螺鈿薔薇ブローチの作業はしばらくお休み。完全硬化させてから研ぎをして磨き上げ作業にはいるので、また放置です^ – ^

28年1月20日から25日まで伊勢丹相模原店に出展します

1/20~25まで伊勢丹相模原店で開催させる『金沢・能登展』に漆アクセサリー紅里工房が初出展します。

今年はスケジュールの関係で、毎年出展していた伊勢丹浦和店に行けなくて残念だったのですが、代わりに相模原店に出展させていただくことができました(^ー^)
神奈川県なので浦和のお客さまにとっては遠いと思いますが、もし近くまでお出かけの際は是非ぜひ伊勢丹相模原店5階催物場『金沢・能登展』の漆アクセサリー紅里工房までお越しください。お待ちしております。

今回の広告掲載商品は、ちょっと大きめのペンダント2点と特別提供品として朱漆玉のデザインペンダント限定数8点

まず大きめペンダントのほうは本体の大きさが縦5cm×横3.5cm。基本の形が楕円形で中心を上方にずらしたドーナツ型、下側に花を立体的に彫刻してあります。
基本色は赤と黒の色違い。赤の方は花の部分にピンク色の螺鈿、黒は青い螺鈿。葉っぱは2点とも銀粉から金粉の蒔きぼかしになってます。
どちらもsilver925(ロジウム加工済)にキュービックジルコニアがデザインされた金具。チェーンは水晶2mm玉の50cm+アジャスターが付属です(*^^*)

特別提供品の朱漆玉デザインペンダントは、silver925のデザイン金具に朱漆の8mm玉がセットされたもの。チェーンはスライドアジャスターになっててかなりのお買い得品となってます\(^o^)/
8点しかないから早めに来てくださいね

20160125-110246.jpg